リサイクルパーツについて
リサイクルパーツとは?
商品紹介
エアコン部品
修理
お問い合わせ
ラジエーター工業会
板金・塗装・車輌整備
村山ラヂエーター
トップ ラヂエーター バッテリー リサイクルパーツ お支払い・送料 お見積り リンク
 
リサイクルパーツとは?
ラヂエーター・バッテリー・リサイクルパーツのことなら全てお任せ下さい!!
   

左・オルタネーター、右・スターターモーター
左・オルタネーター、右・スターターモーター


リサイクルパーツの役割
リサイクルの時代〜地球規模の環境問題 

 今、車そのものの存在が大いに疑問視されてきている。車が誕生して100年ちょっと。日本の庶民が持てるようになってから、わずか30年程度しか経っていない。にもかかわらず、その利便性をいまさら説明する必要はないほど、車という機械はすっかり我々の生活に組み込まれている。しかし、冷静に物事を見るならば、あちこちで車が引き起こす矛盾と悲劇に気が付くはず。
 500万台。日本での1年間の廃車の台数である。1台が約1トンちょっとだから、重量にすると約600万トンが廃棄されている。これだけの量が、毎年”ごみ” 扱いされているということである。
 20世紀の車産業は、製品を作りマーケットに流して販売すればあとは知らないという世界で、一方通行型の産業であった。これを、資源が再生資源としてぐるぐる回って利用される循環タイプに変革する必要がある。
 車のリサイクルと一口で言っても、実に多岐にわたっている。廃車を鉄くずにしたり、アルミを取り出したりするのもリサイクルであるが、「せっかく作ったものをむざむざ捨て去るのはもったいない」という考え方で、補修用のパーツとして再利用するリサイクルもある。 ここ数年、コンピュータによる商品管理、全国ネットによるスケールメリットなどによって、劇的に修理の現場で中古部品が注目を集めることになった。
 中古部品と似ているものに、再生部品(リビルトパーツ)というものがある。こちらは、中古部品と同様、補修のためのパーツであるが、一度分解して再び組み直したパーツのことをいう。資源の節約ばかりか、新品を作るよりも少ないエネルギーで済み「リビルトは85%のエネルギーを節約している」との研究結果も出ている。それでいて品質も新品同等レベルで保証もちゃんとある。


リサイクルパーツの特性

■リサイクルパーツは新品の半値以下。

 自動車の部品は、新品パーツだけだと考えないでほしい。リサイクルパーツを積極的に使ってもらいたい。リビルトパーツは、エンジン、ミッション、ドライブシャフト、ターボチャージャー、オルタネーター、スターター、キャブレター、ステアリングラック、といったメカニカルパーツがそろっている。
 リサイクルパーツの価格は、いくら高くても新品の半値以下だ。なかには3分の1とか4分の1というものもある。一昔前とは違い、格段に信頼性の高まったリサイクルパーツ。今やグループ化され、組織も品質管理や保証問題に長年にわたり取り組んできている。


■新品同様の性能に再生されたリビルトパーツ

 リビルトパーツ、日本語でいうと再生部品。リビルトパーツの先進国であるアメリカでは「リマニュファクチャド・パーツ」と呼ばれ、安くて信頼性の高いものとして認識されている。このリビルトパーツは、基本的には機能部品(メカニカル・パーツ)を完全な形に再生する。リビルトパーツは原則的にボルト1個、ナット1個まで分解し、洗浄し、悪いところがあれば新品部品に交換したり機械加工したうえで組み付けられ、テストされ商品化される。保証も新品と同じレベルというのが一般的。新品パーツとクオリティは同じと思っていい。


■長く車を使うならリビルトパーツがお勧め

 信頼性は新品同様でお得な価格。長く乗り続けるならリビルトパーツを探そう!
 走行キロ数が10万キロを超えるあたりから、オルタネーターの故障が起きることがある。あるいはそれ以上使うとスターターがだめになることもある。そんな時、中古のパーツで修理するというのも1つの考え方であるが、さらに5万キロあるいは10万キロを目指そうとするなら、リビルトのオルタネーター、スターターをお勧めする。信頼性は新品同等、保証も付く。
 リビルトの電装品を作ることは新品を作る場合よりもエネルギーが約16分の1で済むという。何度も言うようだが、それでいて新品同然の信頼性があるのだから、長くその車を使う場合は絶対リビルトをお勧めしたい。

 
 
〒955-0091 新潟県三条市上須頃941番地 ラヂエーター・販売・修理 エアコン・コンデンサー・エバポレーター販売・修理 リサイクルパーツ
TEL (0256)34-1280
FAX (0256)34-1279
お気軽にお電話かメールでお問合せ下さい。迅速・丁寧にお応えします。見積り無料です!
   
Copyright (C) 2003 村山ラヂエーター All Rights Reserved